「荷卸し時の安全対策」統一キャンペーン

「荷卸し時の安全対策」統一キャンペーンの実施について

危険物荷卸し時の安全対策に係る啓発活動は、2007年以降、元売、輸送、販売業界が連携して鋭意取り組んできています。
上記取り組みの一環として、例年通り灯油の需要期前の11月に、「荷卸し時の安全対策」統一キャンペーンを実施します。
消防当局のご協力も得ながら、キャンペーンの実施を通じ、元売、輸送、販売業界の関係業界が一体となって、一層の安全対策の向上を目指します。

【「荷卸し時の安全対策」統一キャンペーン概要】
○実施期間
2018年11月1日(木)~14日(水)
○主催者
石油連盟、全国石油商業組合連合会、(公社)全日本トラック協会
○協賛者
総務省消防庁
○キャンペーンの主な活動
(1)タンクローリー運転手によるSS等荷卸し先への立ち合い要請
(ポスター・下敷き・チラシ等配布)
(2)関係業界、関係各社のホームページ等での啓発活動を実施

【本件に関する問い合わせ先】
石油連盟 調査・流通業務部 担当:半田・渡辺・船木
TEL.03-5218-2303
全国石油商業組合連合会 環境・安全対策グループ 担当:宮崎
TEL.03-3593-5834
(公社)全日本トラック協会 輸送事業部 担当:廣瀬
TEL.03-3354-1038

「荷卸し時の安全対策」統一キャンペーンチラシ