2012年11月


北見市石油協会・飲酒運転根絶運動に協力
(11月30日付)

北見地方石油組合(石崎猛雄理事長)の傘下組織、北見市石油協会(山本忠司会長)は、11月24日まで全国展開された「冬の交通安全運動」にタイアップし、期間内に「飲酒運転根絶」啓発活動を33ヵ所の組合員給油所で実施した。
 この時期に給油所店頭で飲酒運転根絶を訴える啓発活動は、同協会の恒例行事。各給油所は「軽い1杯 重い代償」などの文字が目立つノボリを掲げ、給油客にはPR用ティッシュを手渡して飲酒運転の根絶を啓発した。
 また、活動初日の夕方には、東部第一とん田西町給油所(JX系)でデモンストレーションを行い、協会からは山本会長、石崎猛雄、田尾航太両副会長らが参加。北見市交通安全協会長、北見警察署交通課長に続き、山本会長が「北見、訓子府、置戸の33給油所を挙げて、今年も飲酒運転根絶を啓発する。地道な活動だが、この輪を全道各地に広げて、飲酒運転をなくしたい」とあいさつした。
 このあと、タスキをかけた各参加者は、仕事を終えて帰宅する前に立ち寄った給油客にPR用ティッシュなどを手渡しながら、「これから宴会など飲酒の機会が多くなるシーズンですが、飲酒運転は絶対にしないでください」などと呼びかけた。

運転手にティッシュなどを渡して飲酒運転根絶を呼びかける山本会長




福島・「元気ガソリン」を商標登録
(11月28日付)

福島県石油組合(根本一彌理事長)は、震災からの復旧・復興と各種キャンペーンの成果向上、消費者に対する広報を効果的に実施するため「元気ガソリン」を商標登録した。今後は「元気ガソリン」を合言葉に、各種広報活動を展開し石油販売業界の発展に努めていくことになった。
 根本理事長は11月26日、郡山市で開催した理事会で「元気ガソリン」の商標登録について「元気ガソリンは福島県石油組合として登録したので、今後有効に使っていきたい。皆さんからのアイデア、提言をお願いしたい」と有効活用を呼びかけた。3・11東日本大震災を教訓として、平時からマイカーへの「こまめな給油」による「ガソリン満タンキャンペーン」、「快適・安全走行ドライブキャンペーン」などのキャンペーンを実施しているが、これらキャンペーン成果の向上や、消費者広報など組合事業活動の合言葉として活用していく方針。
 商標登録「元気ガソリン」の指定商品、指定役務並びに商品及び役務の区分としては、ガソリンの小売または卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供、自動車用ガソリン添加剤の小売または卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供、ガソリンの販売に関する事務の代行、ガソリンの販売に関する情報の提供、ガソリンスタンドの経営の代行、広告となっている。

「元気ガソリン」の商標登録証(コピー)




沖縄・洗車キャンペ収益を交通遺児育成会に寄付
(11月28日付)

沖縄県石油組合の青年部会(比嘉基成部会長=写真(右))は先ごろ県内の給油所で実施した「チャリティー洗車キャンペーン」の益金10万円を公益財団法人・沖縄県交通遺児育成会に寄付した。
 同育成会は「子どもたちに勇気と希望を」と交通遺児に奨学金や育成金を給付する活動をしている。これを支援するため同青年部会が呼びかけて県内115ヵ所の給油所が参加、東京ディズニーリゾート招待などのプレゼントが当たる洗車キャンペーンを行った。
 比嘉部会長がキャンペーンの収益金を「子どもたちのために役立ててください」と同交通遺児育成会に寄付した。
 同青年部は「地域のために自分たちでできることを」と、沖縄県石油組合のイベントを盛り上げるなど積極的に活動している。

チャリティ洗車の益金を寄付する比嘉青年部会長(右)




秋田・青年部 「かけこみ110番」活動PRに小学校訪問
(11月21日付)

秋田県石油組合青年部の佐々木雅洋部長は潟上市の大豊小学校を訪問、「子ども・女性110番」の啓発活動を行った。
 佐々木部長は2年生約50人を前に「今日は秋田県のガソリンスタンドで行われている”子ども・女性110番”という活動について説明にきました」と紹介したうえで、子ども110番の事業内容を説明した。
 県内の給油所に張ってある子ども・女性110番の「ラムちゃんマーク」を掲げて、「皆さんが怖いことや困ったことがあった時には近くのガソリンスタンドに逃げ込んでください。そうすればガソリンスタンドのお兄さんやお姉さんが家や学校、警察に連絡してくれます。なにかあったらガソリンスタンドと覚えてください」とわかりやすく説明。そして給油所に駆け込む際には「ガソリンスタンドはいつも車がありますので、車に注意してガソリンスタンドにください」と呼びかけた。
 同青年部は社会貢献活動の一環として、毎年県内の小学校を訪問し、子ども110番事業の説明を行い、周知を図っている。

握手する河辺理事長(右)と田岡市長




茨城・「かけこみ110番」に評価の声
(11月9日付)

 茨城県石油組合社会貢献対策事業委員会(渡邉定委員長)が毎年10月に実施している「かけこみ110番」強化月間の取り組みが終了した。期間中は認知度アップや給油所の対応力強化に向けて、ノボリ旗掲示、普通救命講習などを実施した。最近では女子中学生の駆け込み事例なども出ており、地域社会に密着した給油所の社会貢献事業に対する期待感とその重要性が高まっている。
 同委員会は組合だけでなく、警察や教育委員会などの有識者で構成されており、行政機関との連携体制を構築している。活動歴はすでに10年以上経過しており、給油所の日常的な取り組みとして定着している。
 同石油組合では、毎年10月を“かけこみ110番”強化月間とし、期間中にはノボリ旗の掲示で認知度アップに努めているほか、各消防が実施する普通救命講習に参加し、給油所スタッフの対応力強化に向けた人材育成にも取り組み、非常時の際に駆け込んでくる一般市民の受け入れ体制強化・拡充を図っている。
 今年の普通救命講習は、10月18日の県北での開催を皮切りに、25日には県南、29日には県央の3支部連合会で実施。AEDの操作方法や止血などの人命救助などを学ぶ内容となっており、いずれも多数の給油所スタッフが集まり、熱心に講習に取り組んだ。
 こうした地道な取り組みもあって、10月11日には、変質者に突然襲われた女子中学生が近くの給油所に駆け込むという事例も報告されている。なお、給油所スタッフの警察への通報が迅速であったため、数時間後に犯人は検挙された。
 こうした取り組みに対し、ノボリ旗を掲出している組合員からは「地域密着でやっていくには、こうした社会貢献活動を非常に大事。単に石油の販売だけをやってればいいということではだめだ。非常時に頼りになる給油所をPRすることで、地域にとって必要な存在であることを認識してもらうことが大切だろう」と述べている。

茨城は社会貢献活動を10年以上継続している




岩手県大船渡市に震災後初の新設給油所
(11月5日付)

佐清分店(岩手県大船渡市、佐藤忠久社長・コスモ系)は11月1日、大船渡市に「碁石海岸インター給油所」をオープンした。東日本大震災で全壊した給油所を移転、災害対応型給油所として新設した。岩手県内で企業による被災給油所の新設オープンは初めてとなる。
 旧「末崎給油所」は漁港に接しており、震災では大津波でノンスペ型計量機の付いたキャノピーが倒れるなど給油所設備に甚大な被害を受けた。地下タンクは被害を受けなかったことから、昨年4月初めには固定式計量機を設置し営業を再開した。しかし「地盤沈下で大潮の時は海水が側溝から溢れ出し、地下タンクに流入する恐れがあったので移転を決断した」(佐藤社長)もので、「県内の被災地でJA以外で企業による給油所の新設は第1号となる」という。
 新給油所は三陸自動車道の碁石海岸インター近くの国道45号線沿いに建設。敷地は約1千平方メートル、事務所とマルチ計量機2基、灯油と軽油の計量機を設置した。また災害対応型給油所として、自家発電機と4トンの地下水を貯めることができる受水槽を備えた。さらに「今後は太陽光発電設備の導入も検討している」(佐藤社長)という。

災害対応型の碁石海岸インター給油所




札幌・石狩市と「北石連モデル」災害時協定を締結
(11月5日付)

札幌地方石油組合(河辺善一理事長)は、石狩市(田岡克介市長)と「災害時における燃料の供給等に関する協定」を締結した。これにより、同組合は管内すべての自治体とにおいて、災害時協定の締結を完了させたことになる。また、同組合としては、今回が初めての「北石連モデル」の協定になる。
 同石油組合が管内自治体と災害時協定を締結したのは、1997年の北広島市が初めてで、翌98年には札幌市と締結。この後、06年に当別町、08年に恵庭市、11年に江別市と結んでいる。今回の石狩市との締結で、管内5市1町すべてと災害時協定を結んだことになる。
 昨年末の北石連と道との災害時協定締結以降では、同石油組合としては今回が最初の災害時協定となり、内容は中小石油販売業者の受注機会確保を担保する条項を含む「北石連モデル」を初めて踏襲した。
 石狩市役所で行われた締結式には、同石油組合からは河辺理事長らが出席。同理事長と田岡市長が協定書にそれぞれ署名した。
 田岡市長は「生活必需品の石油類は災害時に、特に寒い時期には欠かせない。今回の協定で災害時のルートが確保されたことは、市民にとって心強い」と感謝。河辺理事長は「石油類は生活必需品でありながら、軽く見ている人が売る方にもいる。しかし、我々は、災害時に必要とされる大切な石油を扱っているということを再認識したい」と述べた。

握手する河辺理事長(右)と田岡市長