2015年9月


7月ガソリン卸価格・121円台

 資源エネルギー庁が8月31日に公表した7月の卸価格調査(消費税別)によると、レギュラーガソリン全国平均は3.8円値下がりの121.1円/リットルとなった。一方、軽油は3.6円下げの64.7円、灯油は3.4円下げの64.1円となった。 〈9月2日付〉




次世代車購入検討・HVでも半数未満

 デロイトトーマツコンサルティングが発表した2015年「EVなど次世代車に関する消費者意識調査」によると、購入検討意向として「非常にあてはまる」「あてはまる」計でHV(44%)、PHV(26%)、CD(25%)となった。〈9月2日付〉




経産省・環境省、自動車リサイクルを評価

 経済産業省と環境省が「自動車リサイクル制度の施行状況の評価・検討に関する報告書」案をまとめた。2005年に施行した自動車リサイクル法の制度評価や点検を目的に5年ごとに作成され、今回の案では、リユースの拡大やリサイクルの質の向上を訴えている。〈9月2日付〉




4組合が防災訓練で「石油」アピール

 防災週間がスタートした8月30日、福島、福井、岡山、宮崎の4県で実施された総合防災訓練に石油組合・支部、組合員が協力し、大規模災害時に不可欠な石油製品の安定供給や石油機器の展示などを行い、参加者に東日本大震災で再認識された“石油の力”と“SSの力”をアピールした。〈9月4日付〉




パーク24など・自動駐車実証実験に着手

 パーク24とZMPは、駐車場における自動駐車の実現に向けた実証実験に着手したことを明らかにした。駐車場での事故削減に向け、完全自動駐車を実現するため、今後解決すべき課題を明確にする目的で実証実験を行っていく。〈9月4日付〉




国交省・不正改造車1,258台に指導

 国土交通省は8月28日、「不正改造車を排除する運動」強化月間の6月に実施した街頭検査の実施結果を取りまとめた。全国で265回、2万589台の検査を行い、全体の6.2%にあたる1,258台(94台増)に保安基準不適合箇所などがあったことから、改善指導した。〈9月4日付〉




広島・救援物資搬送訓練に初参加

 広島石商(大野徹理事長)は2日、広島県が実施した救援物資搬送訓練に初参加し、県内2ヵ所で緊急車両への給油訓練と燃料配送訓練を行った。訓練で大野石油店高陽町SS(昭シェル系)は、広島市救援物資輸送拠点施設から避難所(長束小学校)に物資を輸送するトラックに給油した。〈9月7日付〉




東京都・水素社会推進会議を初開催

 東京都は「水素社会の実現に向けた東京推進会議」(座長・橘川武郎東京理科大学教授)の初会合を開き、規制緩和の現状・計画を確認するとともに、要望事項などを議論し、2020年に向けた工程を示す考えだ。〈9月7日付〉




全石連・共済アドバイザー研修会開催

 全石連共同事業グループは3~4日の2日間にわたり、共済種目、各種保険商品に関する知識を組合事務局が習得することを目的とした「共済アドバイザー研修会」を開いた。今回で3回目の開催となり、各地から11組合が参加した。〈9月9日付〉




埼玉・不正軽油撲滅へ街頭キャンペーン

 埼玉石協(星野進理事長)は不正軽油撲滅に向けた街頭キャンペーンの一環として、埼玉スタジアム2002で開催された浦和レッズ戦に合わせて、チラシやポケットティッシュ2,500個をサポーターらに配布し、周知を図った。〈9月9日付〉




9月第1週・ガソリン出荷反動増

 石連週報によるガソリン出荷量は、9月第1週(8月30~9月5日)が前週比3.6%減、前年比3.1%増の94.6万klとなり、2週連続で前年実績を超えた。ただ、過去5年平均比でみると15.7%減で、8月4週以来3週連続して10%超の大幅ダウンが続いた。〈9月11日付〉




8月中旬CIF3.5円安の45.9円

 財務省が8日発表した8月中旬原油CIF価格は、前月比5.15ドル安の1バレルあたり58.79ドルと大幅に値下がりし、3ヵ月ぶりに50ドル台に戻った。円建ては、為替がドル124.04円と円安で推移したため、値下がり幅はやや抑えられたが、3,506円安の4万5,868円となった。〈9月11日付〉




DMガス・9月末で北海道内全SS撤退

 8月末での「ダイエー」ブランドの消滅を機に、北海道内で最大7ヵ所のSSを展開していたディー・エム・ガスステーションは、9月末に道内から撤退する。現在は釧路、北見など4SSを営業しているが、他業者に継承される模様。〈9月11日付〉




東京・都議会自民党へ全11項目要望

 東京石商(矢島幹也理事長)と都油政連(谷口寿亜会長)は、都議会自民党が開催した2016年度東京都予算等要望ヒアリングに出席し、新たに「SSにおける防犯カメラの設置および交換費用補助」を含む計11項目を要望した。〈9月16日付〉




石連・エコフィール補助金募集開始

 石油連盟は14日から、2015年度の自立防災型エコフィール導入補助金の募集を開始した。補助台数は2千台、補助金額は1台あたり4万5千円となっている。〈9月18日付〉




ガソリン小売価格・10週ぶり上昇

 資源エネルギー庁による小売価格調査(9月14日・消費税込み)レギュラー全国平均は前週比0.3円高の135.4円と10週ぶりに値上がりした。24都道府県で値上がり、14府県で値下がり、9県で横ばい。〈9月18日付〉




神奈川・『石油の日』コンサート開催

 神奈川石協(森洋理事長)は15日、横浜市内で第16回『石油の日』チャリティーコンサート「めざましクラシックinヨコハマ」を開催した。同コンサートは石油の大切さ、重要性をアピールすることを目的に対外広報活動の一環として実施している。〈9月18日付〉




8月SS倒産は3件・2億円

 帝国データバンクが発表した8月のSS倒産件数は3件、負債総額は2億300万円だった。2015年累計(1~8月)では、前年同期に比べて9件減の20件、負債総額も9%減の35億4,800万円といずれも減少傾向で推移している。〈9月25日付〉




東海4県一斉に軽油路上抜取調査実施

 脱税行為につながる不正軽油を撲滅するため、軽油燃料の大型車を対象にした「路上抜取調査」が、静岡を含む東海4県で一斉に行われた。〈9月25日付〉




経産省・EVなど充電網整備計画練り直し

 経済産業省は、電気自動車などの充電網整備計画を練り直す。EVとプラグインハイブリッド車普及の工程表を作り、車両の購入補助と合わせてインフラ整備方針を量から質へと転換する。〈9月25日付〉




「SS経営力強化検討会」初会合を開催

 資源エネルギー庁石油流通課は、『SS事業者の経営力強化に向けた検討会』の初会合を開催。石油製品の安定供給確保を図るため、地域のエネルギー供給拠点として必要不可欠なSSの経営力強化に向け、経営改善や高度化、多角化などの対応策に加え、SSの集約化・協業化など多種多様な視点からSSの“稼ぐ力”を創出する具体的な方策を検討・検証する。〈9月28日付〉