第30回消費者アンケート結果

第33回
「原油・石油製品価格の変化と消費行動の変化」について

第32回「石油諸税の暫定税率問題」について
第31回「道路財源の一般財源化」について

第30回
「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまち」について

第29回
「原油・石油製品価格の上昇と消費行動の変化」について

第28回
「暖房について」

第27回
「ガソリンスタンドの地域貢献活動について」

第26回
「洗車とオイル交換について」

第25回
「道路特定財源問題について」

第24回
「最近のガソリン価格について」

第23回
「セルフ給油所について」

第22回
「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまちについて」

第21回
「道路特定財源問題について」

第20回
「原油・石油製品価格の上昇とその対応」について

第19回
「ガソリンスタンドの選択基準」について

第18回
「環境税問題について」

第17回
「セルフ給油所について」

第16回
「灯油暖房について」

第15回
「環境税問題について」

第14回
「ガソリンスタンドに対する不満や要望について

第13回
「チェック-あなたの石油常識」について

第12回
「セルフ給油所について」

第11回
「ガソリンスタンドの選択基準」

第10回
「洗車・オイル交換について」

第9回
「ガソリンスタンドの未来像について」

第8回
「セルフ給油所について」

第7回
「石油に関する税金について」

第6回
「ガソリンスタンドにおける点検・整備や車検について」

第5回
「地域社会におけるガソリンスタンドの役割について」

第4回
「灯油暖房について」

第3回
「ご存知ですか石油の税金」について

第2回
「給油所に対する私の不満」について

第1回
「オイル交換はどこで?」について



第30回消費者アンケート
テーマ「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまち」

「実施概要」
実施期間 平成20年5月2日~5月31日
回答総数 7,430人
有効回答者数 7,160人(重複回答等を除く)


本ホームページで行っていた「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまち」についてアンケート調査を実施したところ、多数の方から回答をいただきました。ご協力ありがとうございました。結果は以下のとおりです。

 SSの減少を消費者がどのように捉えておられるかについて、アンケートの集計結果によりますと、回答者の2割強がすでに何らかの不便を感じておられることがわかりました。また、消費者が住んでいる地域ごとに不便度の違いが出るかどうかに注目したところ、中山間地域ではこの比率が3割まで上昇することが明らかになりました。

   1.地域別SS増減について


 SSがこの10年間で1万ヵ所以上減少したことを伝え、地域別(①東京23区、政令指定都市、中核市など②地方都市③平地農業地域④中山間地域⑤島嶼)にSSの減少状況について聞いたところ、「どんどん減っている」と「少し減っている」を足した比率がもっと高かったのは政令指定都市などの67%でした。SS減少は都市部の方が進行していることが伺えます。




   2.SS減少に対するご意見について

 上の表で(1)「どんどん減っている」と(2)「少し減っている」回答された方(計4,434人)に不便かどうかを尋ねたところ、グラフ1のように、 ①~③の地域帯では(1)「遠くまで給油に行かなければならないので、とても不便」は10%未満にとどまったのに対して、④中山間地域では17%にも達 し、大きな違いを見せることがわかりました。SS減少は中山間地域で物理的な不便さが特に際立っていることが伺えます。SSの減少についての感想はグラフ 2の通りです。




  3.SSの社会貢献活動について 

 また、「かけこみ110番」や石油組合と自治体などとの災害時協定について、評価を求めました。回答者全体の78%から高い評価を得、「どちらかといえば良いこと」とされた18%を加えると、96%となりました。


 なお、自由記述では新しい提案なども求めましたが、「防犯拠点となったり、災害時に対応できるSSがあると初めて知りました。頑張ってください」(30 歳代・女性)、「古くからあったSSがなくなり、残念です。単に給油だけでなく、地域情報の交換の場でした」(40歳代・男性)、「田舎なので車は欠かせ ません。トラクターなどにも必要です。SSがなくなって遠くなれば農家にとっては不便です」(30歳代・女性)などの声が寄せられました。