第29回消費者アンケート結果

第33回
「原油・石油製品価格の変化と消費行動の変化」について

第32回「石油諸税の暫定税率問題」について
第31回「道路財源の一般財源化」について

第30回
「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまち」について

第29回
「原油・石油製品価格の上昇と消費行動の変化」について

第28回
「暖房について」

第27回
「ガソリンスタンドの地域貢献活動について」

第26回
「洗車とオイル交換について」

第25回
「道路特定財源問題について」

第24回
「最近のガソリン価格について」

第23回
「セルフ給油所について」

第22回
「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまちについて」

第21回
「道路特定財源問題について」

第20回
「原油・石油製品価格の上昇とその対応」について

第19回
「ガソリンスタンドの選択基準」について

第18回
「環境税問題について」

第17回
「セルフ給油所について」

第16回
「灯油暖房について」

第15回
「環境税問題について」

第14回
「ガソリンスタンドに対する不満や要望について

第13回
「チェック-あなたの石油常識」について

第12回
「セルフ給油所について」

第11回
「ガソリンスタンドの選択基準」

第10回
「洗車・オイル交換について」

第9回
「ガソリンスタンドの未来像について」

第8回
「セルフ給油所について」

第7回
「石油に関する税金について」

第6回
「ガソリンスタンドにおける点検・整備や車検について」

第5回
「地域社会におけるガソリンスタンドの役割について」

第4回
「灯油暖房について」

第3回
「ご存知ですか石油の税金」について

第2回
「給油所に対する私の不満」について

第1回
「オイル交換はどこで?」について



第29回消費者アンケート
テーマ「原油・石油製品価格の上昇と消費行動の変化」

「実施概要」
実施期間 平成20年2月1日~3月31日
回答総数 8,109人
有効回答者数 7,717人(重複回答等を除く)


本ホームページで行っていた「原油・石油製品価格の上昇と消費行動の変化」についてアンケート調査を実施したところ、多数の方から回答をいただきました。ご協力ありがとうございました。結果は以下のとおりです。

   1.原油価格高騰の認知度について

 08年明け早々にWTIが100ドル、ドバイが90ドルを突破したことの認知度を尋ねましたが、「よく知っている」(49%)と「なんとなく知っている」(47%)を合わせると、ほとんどの消費者が歴史的な高価格を承知していることが明らかになりました。




   2.自動車使用状況の変化について

 ガソリン価格が150円を超えたことを受け、自動車の使用状況を聞いたところ、「変化した」との回答が66%を占めました。


 具体的な対応はグラフの通りで、「使用回数や走る距離を減らした」が最も多く、「変化なし」の理由は「仕事や生活に支障をきたす」が最多でした。


 今後も高値ガソリンが続いた場合の対応でも、全体の35%、約2,700人が「使用回数・距離」をあげましたが、現在 の対応策として「他の交通機関を利用する」とした人は約240人(自動車使用状況の具体的変化グラフ(3)「最も大きな変化」参照)だったのに対し、今後 の対策とするとしたのは約800人に増加することがわかりました。


   3.灯油暖房の使用状況の変化について

 一方、灯油暖房機を使用している人に、高値対策などを聞いたところ、グラフのような分布となりました。



   4.製品価格高騰の収益影響について

 石油製品価格の上昇が石油元売会社や販売会社(ガソリンスタンド)の収益にどう影響していると捉えているかを尋ねたところ、「悪くなっていると思う」は元売の32%、ガソリンスタンドが65%と対照的な捉え方となり、給油所経営の厳しさに一定の認識があることがわかりました。

 なお、自由記述では、セルフサービス給油所に関して、「安くなるのは歓迎だが、人と人とのつながりがなくなり、さびしい感じ」、ガソリンスタンドの閉鎖について、「大変な時代になったのだとつくづく思う」、このほか、「地域によって価格が違いすぎる」などの意見がありました。