第25回消費者アンケート結果

第33回
「原油・石油製品価格の変化と消費行動の変化」について

第32回「石油諸税の暫定税率問題」について
第31回「道路財源の一般財源化」について

第30回
「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまち」について

第29回
「原油・石油製品価格の上昇と消費行動の変化」について

第28回
「暖房について」

第27回
「ガソリンスタンドの地域貢献活動について」

第26回
「洗車とオイル交換について」

第25回
「道路特定財源問題について」

第24回
「最近のガソリン価格について」

第23回
「セルフ給油所について」

第22回
「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまちについて」

第21回
「道路特定財源問題について」

第20回
「原油・石油製品価格の上昇とその対応」について

第19回
「ガソリンスタンドの選択基準」について

第18回
「環境税問題について」

第17回
「セルフ給油所について」

第16回
「灯油暖房について」

第15回
「環境税問題について」

第14回
「ガソリンスタンドに対する不満や要望について

第13回
「チェック-あなたの石油常識」について

第12回
「セルフ給油所について」

第11回
「ガソリンスタンドの選択基準」

第10回
「洗車・オイル交換について」

第9回
「ガソリンスタンドの未来像について」

第8回
「セルフ給油所について」

第7回
「石油に関する税金について」

第6回
「ガソリンスタンドにおける点検・整備や車検について」

第5回
「地域社会におけるガソリンスタンドの役割について」

第4回
「灯油暖房について」

第3回
「ご存知ですか石油の税金」について

第2回
「給油所に対する私の不満」について

第1回
「オイル交換はどこで?」について



第25回消費者アンケート
テーマ「道路特定財源問題について」

「実施概要」
実施期間 平成19年2月1日~3月31日
回答総数 4,772人
有効回答者数 4,577人(重複回答等を除く)



 本ホームページで行っていた「道路特定財源問題について」についてアンケート調査を実施したところ、多数の方から回答をいただきました。ご協力ありがとうございました。結果は以下のとおりです。


 道路特定財源としてガソリン税などが課せられていることを、「知っている」が54%、「おおよそ知っていた」が36%に達し、昨年のほぼ同時期に行ったアンケートと比べては80%から90%に、また、ガソリン税の暫定税率についても、昨年調査の42%から58%へ、それぞれ“認知度”がアップしていることが明らかになりました。






  道路特定財源に余剰が生じている事実を披露し、「暫定税率を廃止すべき」だとする石油業界の運動についての賛否を問うた結果、「その通りだと思う」が69%、「余剰がなくても廃止すべきだ」が17%を占め、86%の回答者が業界の運動に賛意を表明されました。





 道路特定財源の一般財源化に「反対」としたのは昨年調査の40%から47%に拡大したのに対し、「賛成」は昨年の12%から8%に減少しました。「反対」とされた回答者が選択された理由で最も多かったのは「目的税の趣旨に反するから」で82%にも達しました。

 なお、特定財源問題に関する自由記述では、「目的税を目的以外に使うのは国民に対する裏切り行為」「道路費用が不要になれば税金を下げればいい」「アメリ カのように税金を少なくしてほしい」「マスコミが道路特定財源は悪、一般財源化は正義というイメージを作ったように感じる」などのご意見、「私も暫定税率 撤廃署名に参加しました」などの報告がありました。