第23回消費者アンケート結果

第33回
「原油・石油製品価格の変化と消費行動の変化」について

第32回「石油諸税の暫定税率問題」について
第31回「道路財源の一般財源化」について

第30回
「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまち」について

第29回
「原油・石油製品価格の上昇と消費行動の変化」について

第28回
「暖房について」

第27回
「ガソリンスタンドの地域貢献活動について」

第26回
「洗車とオイル交換について」

第25回
「道路特定財源問題について」

第24回
「最近のガソリン価格について」

第23回
「セルフ給油所について」

第22回
「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまちについて」

第21回
「道路特定財源問題について」

第20回
「原油・石油製品価格の上昇とその対応」について

第19回
「ガソリンスタンドの選択基準」について

第18回
「環境税問題について」

第17回
「セルフ給油所について」

第16回
「灯油暖房について」

第15回
「環境税問題について」

第14回
「ガソリンスタンドに対する不満や要望について

第13回
「チェック-あなたの石油常識」について

第12回
「セルフ給油所について」

第11回
「ガソリンスタンドの選択基準」

第10回
「洗車・オイル交換について」

第9回
「ガソリンスタンドの未来像について」

第8回
「セルフ給油所について」

第7回
「石油に関する税金について」

第6回
「ガソリンスタンドにおける点検・整備や車検について」

第5回
「地域社会におけるガソリンスタンドの役割について」

第4回
「灯油暖房について」

第3回
「ご存知ですか石油の税金」について

第2回
「給油所に対する私の不満」について

第1回
「オイル交換はどこで?」について



第23回消費者アンケート
テーマ「セルフ給油所について」

「実施概要」
実施期間 平成18年7月1日~8月31日
回答総数 7,631人
有効回答者数 7,121人(重複回答等を除く)



 本ホームページ上におきまして「セルフ給油所」についてアンケート調査を実施したところ、多数の方から回答をいただきました。ご協力ありがとうございました。結果は以下のとおりです。


セルフを「よく利用する」と回答した人が47%、「時々利用する」とした18%を加えるとほぼ3分の2の回答者がセルフを利用していることがわかりました。利用する理由を聞いたところ、「値段が安いから」が79%を占め、消費者の価格指向がはっきり現れました。








「過去にセルフ給油所を利用したことがあるが今は利用していない」と「利用したことがない」と回答された方に、その理由を聞いたところ、「思ったほど安くないから」が32%で最も多く、「車から出て給油、精算するのが面倒だから」が15%、「近くにセルフ給油所がないから」が19%などとなっています。





立地条件などが同じと仮定して、フルサービス給油所と何円の価格差があればセルフを選ぶか聞いたところ、「5円以上」と「3~4円」がともに33%となりました。また、「同値でもセルフを選ぶ」と「いくら安くてもセルフは選ばない」も共に6%の同率でした。

セルフ給油所に対して、「値段をもっと下げてほしい」と回答した方は全体の34%と価格に対する要求が最も多く、「安全管理の徹底」も11%となっています。



 セルフ利用者(「今は利用しない」とした人を含む)にセルフでのトラブルの有無を聞いたところ、「注ぎすぎによる給油口からのあふれ」が16%ありました。マスコミでも話題となったいわゆる「吹きこぼれ」で、石油業界では適切な給油を求めるポスターを給油所店頭で掲示しています。 また、セルフを利用する際、注意していることは、「給油口のキャップの締め忘れ」が25%、「注ぎすぎによる給油口からのあふれ」が19%、そして「油種の間違い」が17%と続きました。



 なお、自由記述では、「携帯をかけながら給油している人が多い、従業員がそういう人にもっと厳しく指示するように徹底してもらいたい。」、「給油所によってやり方が違うので統一してほしい」、「お金を節約したくて自分でできる人はセルフを使ったらよい。セルフを使いはじめてから、今まで気にもとめていなかったニュース(静電気による発火事故)に興味がわいた」、「思っていたほど安くなかった。2~3円安くても旨みはあまりなく、普通の給油所の方がいいではないか」、「500円でも1,000円でも気軽に給油できる点が非常によい」などの意見がありました。