第22回消費者アンケート結果

第33回
「原油・石油製品価格の変化と消費行動の変化」について

第32回「石油諸税の暫定税率問題」について
第31回「道路財源の一般財源化」について

第30回
「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまち」について

第29回
「原油・石油製品価格の上昇と消費行動の変化」について

第28回
「暖房について」

第27回
「ガソリンスタンドの地域貢献活動について」

第26回
「洗車とオイル交換について」

第25回
「道路特定財源問題について」

第24回
「最近のガソリン価格について」

第23回
「セルフ給油所について」

第22回
「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまちについて」

第21回
「道路特定財源問題について」

第20回
「原油・石油製品価格の上昇とその対応」について

第19回
「ガソリンスタンドの選択基準」について

第18回
「環境税問題について」

第17回
「セルフ給油所について」

第16回
「灯油暖房について」

第15回
「環境税問題について」

第14回
「ガソリンスタンドに対する不満や要望について

第13回
「チェック-あなたの石油常識」について

第12回
「セルフ給油所について」

第11回
「ガソリンスタンドの選択基準」

第10回
「洗車・オイル交換について」

第9回
「ガソリンスタンドの未来像について」

第8回
「セルフ給油所について」

第7回
「石油に関する税金について」

第6回
「ガソリンスタンドにおける点検・整備や車検について」

第5回
「地域社会におけるガソリンスタンドの役割について」

第4回
「灯油暖房について」

第3回
「ご存知ですか石油の税金」について

第2回
「給油所に対する私の不満」について

第1回
「オイル交換はどこで?」について



第22回消費者アンケート
テーマ「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまちについて」

「実施概要」
実施期間 平成18年3月15日~4月14日
回答総数 7,567人
有効回答者数 7,032人(重複回答等を除く)



 本ホームページ上におきまして「ガソリンスタンドのあるまち」についてアンケート調査を実施したところ、多数の方から回答をいただきました。ご協力ありがとうございました。結果は以下のとおりです。


 全石連が3月15日から1ヵ月間、ホームページ「石油広場」で行った消費者アンケート調査「SSのあるまち」では、SSが生活圏からなくなると、2割以上の回答者が給油や灯油配達などに不安を感じています。また、「不便」さは、すでに現実問題として表れてきており、日常生活に不便が発生していることもわかりました。

SSが減少していると感じた65%の方々に、SSがなくなると不便に感じることは、「遠くまで給油に行かなければならない」12%、「整備、灯油の配達」などの不便さが11%と、2割以上の方々が実生活での不安感を訴えています。





今後、SSがさらに減少した場合、「困る」または「どちらかといえば困る」と回答している人の合計が7割近くにも達することがわかりました。SS減少が消費者にとっても徐々に不安材料として意識されつつあることを示しています。






日常、SSで受けているサービスについては、洗車が一番多く27%、次いで点検整備が23%、オイル交換・バッテリー液の補充が12%、タイヤ交換や灯油の配達はそれぞれ6%となっていました。


全国的にSSが取り組んでいる「かけこみ110番」運動や災害時支援協定などについては、78%の回答者が「大変いいことだと思うので続けてほしい」と積極的に評価していることが明らかになりました。さらに、「どちらかといえばいいことだと思う」の18%を加えると、96%の高率を示しています。

 なお、自由記述では、「給油だけでなくさまざまな形で、地域密着でより頼られ、集れる場所になっていくべき」(北海道・20代・男性)、「セルフばかりになっても困る。いままでと同じくらいのSS数でやってもらいたい」(静岡県・30代・女性)、「街の生活ステーション的なアピールを続けてほしい」(大阪・40代・女性)などの感想がありました。