第16回消費者アンケート結果

第33回
「原油・石油製品価格の変化と消費行動の変化」について

第32回「石油諸税の暫定税率問題」について
第31回「道路財源の一般財源化」について

第30回
「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまち」について

第29回
「原油・石油製品価格の上昇と消費行動の変化」について

第28回
「暖房について」

第27回
「ガソリンスタンドの地域貢献活動について」

第26回
「洗車とオイル交換について」

第25回
「道路特定財源問題について」

第24回
「最近のガソリン価格について」

第23回
「セルフ給油所について」

第22回
「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまちについて」

第21回
「道路特定財源問題について」

第20回
「原油・石油製品価格の上昇とその対応」について

第19回
「ガソリンスタンドの選択基準」について

第18回
「環境税問題について」

第17回
「セルフ給油所について」

第16回
「灯油暖房について」

第15回
「環境税問題について」

第14回
「ガソリンスタンドに対する不満や要望について

第13回
「チェック-あなたの石油常識」について

第12回
「セルフ給油所について」

第11回
「ガソリンスタンドの選択基準」

第10回
「洗車・オイル交換について」

第9回
「ガソリンスタンドの未来像について」

第8回
「セルフ給油所について」

第7回
「石油に関する税金について」

第6回
「ガソリンスタンドにおける点検・整備や車検について」

第5回
「地域社会におけるガソリンスタンドの役割について」

第4回
「灯油暖房について」

第3回
「ご存知ですか石油の税金」について

第2回
「給油所に対する私の不満」について

第1回
「オイル交換はどこで?」について



第16回消費者アンケート
 テーマ 「灯油暖房について」

「実施概要」
実施期間 平成16年10月1日~11月30日の2ヵ月間
有効回答者数 18,166人(重複回答等を除く)


 本ホームページ上におきまして「灯油暖房」に関するアンケート調査を実施したところ、多数の方から回答をいただきました。ご協力頂き有難うございました。主な結果は以下のとおりです。

  暖房用熱源については、多くの家庭で2種類の熱源が使われており、主たる熱源としては、「灯油」が約5割、「電気」が約4割を占めました。

 灯油の購入方法については、約7割の方が店頭で、残りの約3割の方が配達を選択されました。配達による購入先としては、「ガソリンスタンド」、「移動販売車」、「燃料小売店」が3大購入先となりました。また、店頭における購入先としては、「ガソリンスタンド」が圧倒的で、2番目の「ホームセンター」を大きく上回る結果となりました。

  他の熱源に比べ、灯油のコストが安いことについては、「知っていた」と「何となく知っていた」が合わせて 75%に達し、多くの方に灯油の経済性を理解して頂いていることがわかりました。

 その他のご意見としては、灯油の価格について、原油価格の高騰に伴う値上がりを心配する声が多く寄せられました。また、灯油暖房機器の利用については、「匂いが気になる」、「安全性が心配」、「手間がかかって面倒」など、否定的なご意見が寄せられた一方で、「コストが安いのは魅力的」、「暖まるのが早い」など、評価する意見も一定数寄せられました。