第9回消費者アンケート結果

第33回
「原油・石油製品価格の変化と消費行動の変化」について

第32回「石油諸税の暫定税率問題」について
第31回「道路財源の一般財源化」について

第30回
「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまち」について

第29回
「原油・石油製品価格の上昇と消費行動の変化」について

第28回
「暖房について」

第27回
「ガソリンスタンドの地域貢献活動について」

第26回
「洗車とオイル交換について」

第25回
「道路特定財源問題について」

第24回
「最近のガソリン価格について」

第23回
「セルフ給油所について」

第22回
「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまちについて」

第21回
「道路特定財源問題について」

第20回
「原油・石油製品価格の上昇とその対応」について

第19回
「ガソリンスタンドの選択基準」について

第18回
「環境税問題について」

第17回
「セルフ給油所について」

第16回
「灯油暖房について」

第15回
「環境税問題について」

第14回
「ガソリンスタンドに対する不満や要望について

第13回
「チェック-あなたの石油常識」について

第12回
「セルフ給油所について」

第11回
「ガソリンスタンドの選択基準」

第10回
「洗車・オイル交換について」

第9回
「ガソリンスタンドの未来像について」

第8回
「セルフ給油所について」

第7回
「石油に関する税金について」

第6回
「ガソリンスタンドにおける点検・整備や車検について」

第5回
「地域社会におけるガソリンスタンドの役割について」

第4回
「灯油暖房について」

第3回
「ご存知ですか石油の税金」について

第2回
「給油所に対する私の不満」について

第1回
「オイル交換はどこで?」について



第9回消費者アンケート
 テーマ「ガソリンスタンドの未来像について」

「実施概要」
実施期間 平成15年1月1日~2月28日の2ヶ月間
有効回答者数 14,132人(重複回答等を除く) 


 本ホームページ上で「SS(ガソリンスタンド)の未来像」に関するアンケート調査を実施したところ、約1万4,000人の方々から回答をいただきました。ご協力いただき有難うございました。主な結果は以下のとおりです。
将来的にSSに望むサービスについては、SSに新たな機能を付加するよりも、給油をはじめ、オイル・バッテリー交換、点検・修理など、従来からある機能の効率化、時間の短縮化を望んでいる方が多いことがわかりました。
 また、IT関連で将来的に望むサービスについては、「道路・渋滞情報の提供」、「観光・地域情報の提供」といった道路関連情報を望む方が過半数を占めました。
 なお、SSに望む併設ショップについては、「コンビニエンスストアー」、「ファーストフード店」、「金融機関(ATMなど)」が上位にきて、ほぼ同じ割合となりました。
 一方、燃料電池車の燃料供給拠点のあり方については、約7割の方が、「既存のSSをそのまま燃料供給拠点として活用すべき」と考えていることがわかりました。
 また、石油業界として大気汚染を防ぐため、都内のSSで低硫黄(イオウ)軽油(50ppm)の販売を開始したこと等については、認知度はまだまだ低いものの、多くの方が供給の拡大を望んでいることが明らかになりました。。