第2回消費者アンケート結果

第33回
「原油・石油製品価格の変化と消費行動の変化」について

第32回「石油諸税の暫定税率問題」について
第31回「道路財源の一般財源化」について

第30回
「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまち」について

第29回
「原油・石油製品価格の上昇と消費行動の変化」について

第28回
「暖房について」

第27回
「ガソリンスタンドの地域貢献活動について」

第26回
「洗車とオイル交換について」

第25回
「道路特定財源問題について」

第24回
「最近のガソリン価格について」

第23回
「セルフ給油所について」

第22回
「ガソリンスタンド(SS=サービスステーション)のあるまちについて」

第21回
「道路特定財源問題について」

第20回
「原油・石油製品価格の上昇とその対応」について

第19回
「ガソリンスタンドの選択基準」について

第18回
「環境税問題について」

第17回
「セルフ給油所について」

第16回
「灯油暖房について」

第15回
「環境税問題について」

第14回
「ガソリンスタンドに対する不満や要望について

第13回
「チェック-あなたの石油常識」について

第12回
「セルフ給油所について」

第11回
「ガソリンスタンドの選択基準」

第10回
「洗車・オイル交換について」

第9回
「ガソリンスタンドの未来像について」

第8回
「セルフ給油所について」

第7回
「石油に関する税金について」

第6回
「ガソリンスタンドにおける点検・整備や車検について」

第5回
「地域社会におけるガソリンスタンドの役割について」

第4回
「灯油暖房について」

第3回
「ご存知ですか石油の税金」について

第2回
「給油所に対する私の不満」について

第1回
「オイル交換はどこで?」について



第2回消費者アンケート / テーマ「給油所に対する私の不満」

「価格表示」と「売り込み」に不満集中

 5~6月に行っていました第2回消費者アンケート「給油所に対する私の不満」の集計結果を紹介します。アンケートに参加していただいた皆様に感謝申し上げます。集計結果は今後の給油所運営の参考にさせていただきます。主な結果は以下の通りです。

 「不満を感じたことがある」とされた方は8割を超えました。「価格表示」と「オイルなどの強引な売り込み」がともに24%を占めてトップとなり、価格表示がないことに対する不信感、セールスに対するアレルギーも強いことがわかりました。このほか、「SSマンの態度」(18%)などもありました(複数回答)。

 不要なサービスでは、「オープンボンネット」(29%)、「ダイレクトメール」(18%)、「儀礼的なお辞儀」(11%)が上位3位となりました(複数回答)。

 逆に、求めたいサービスでは「道路案内」と「便利で楽しい休憩室」がともに25%でトップ、以下、「現金自動支払機」「住民票などの行政サービス」などが続きました。

 セルフの印象もお聞きしましたが、47%が「多少の価格差なら普通の給油所を利用」と回答され、「価格が安ければセルフを利用」とする回答が24%でした。