次世代燃料供給体制確立に向けた技術開発・実証

事業概要

以下の2つの事業に要する経費を補助することにより、
令和2年度事業は過疎化・人手不足等に対応、
令和3年度事業はカーボンニュートラル・過疎化・人手不足等に対応
した新たな燃料供給体制の確立を図ります。

揮発油販売業者等が行う、石油製品の効率的かつ安定的な供給を可能にする安全性の確保を前提とした新たな機器等の技術開発を実施するための「技術開発事業」。
揮発油販売業者等と地方公共団体等が連携したコンソーシアムが行う、地域の実情や外部環境の変化等に応じた新たな対策を実施するための「実証事業」。

なお、事業年度ごとに予算があり、申請1件当たりの補助上限額や事業期間に違いがあります。下の事業年度ごとの紹介ページで申請マニュアルをご確認ください。